パチスロ北斗の拳 修羅の国篇  のヒョウって、何者?調べてみました |の設定判別・解析・攻略スロット 新台 予定 2016 の 小役カウンター

スロット 新台 予定 2017の小役カウンター


パチスロ北斗の拳 修羅の国篇  のヒョウって、何者?調べてみました の設定判別・解析・攻略

パチスロ北斗の拳 修羅の国篇  のヒョウって、何者?調べてみました ヒョウとは、

Wikipediaでは、

『修羅の国・第二の羅将。ケンシロウの実兄にして北斗宗家の嫡男。
北斗宗家の嫡男ではあるがその血は薄く、弟ケンシロウに比べて力量では劣る存在。また、ケンシロウと同じく優しい心の持ち主だが、その優しさは拳の弱さに繋がる危険性もあったため[4]、それを案じたジュウケイが北斗宗家に関する記憶を封じようとしたことで額にX字の傷を残す。だがジュウケイの記憶封印は不完全であり、それをカイオウに話したことからカイオウにより完全に封じられてしまう。
記憶を失いながらもカイオウにはない優しさがあり、同門である第三の羅将ハンの遺体が川から流れ着いた際に部下たちに彼を讃えさせ、弔うなどの場面もあった。この際にはケンシロウを激しく憎むことはなく、部下の中には「ヒョウこそ修羅の国の救世主だ」と信じる者もいた。しかし、カイオウがヒョウの婚約者であるサヤカを手に掛けて「ケンシロウに殺された」と欺いたために、ケンシロウを敵(かたき)として激しく憎悪し魔界へと堕ちてゆく。
以後、それまでの自分にはなかった残虐非道な行為が表に現れ、自ら決別を告げた部下のナガト達を殺してその一族が住む村を焼き払うと、支配地の民を酷使し川の水をせき止めさせて水没していた北斗琉拳ゆかりの聖殿・羅聖殿を地上に出す。
 そして、羅聖殿にて黒夜叉と戦って退けた後ケンシロウと対決し、カイオウとの戦いを経たケンシロウに、早々と北斗琉拳(魔闘気)の原理を見破られる。だが北斗宗家の血に目覚め、伝承されていた「宗家の拳」により逆襲に転じた。最後の一撃を放とうとしたところをシャチに胸を貫かれる形で止められ、正気を取り戻して和解する。
戦いのさなか、宗家の血に目覚めた際に記憶を取り戻していたものの、それと同時に自らの犯した罪を悟り、ケンシロウの手で倒される覚悟をしていた。その後はケンシロウのために封印されていた宗家の秘拳のありかを教える。
また、二人が相打ちとならなかったと聞いて怒れるカイオウが差し向けた直属の修羅陸戦部隊を、重傷ながら黒夜叉と共に撃退する強さを見せた。
恋人・サヤカを殺されたにもかかわらず、最後までカイオウを実の兄のように慕い、彼が歪んだのは弱かった自分の責任だと自らを責め続け、それを詫びたいとカイオウのもとへと歩み寄る。最期はその思いに打たれて涙を流したカイオウの胸で事切れ、共に溶岩の中に埋まった。』
・以上「修羅の国」の説明の中のヒョウです。(最終更新 2016年7月17日 (日) 15:20 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。『ウィキペディア日本語版』。より
とあります。これが、ヒョウです。
 ヒョウがケンシロウの実兄なんて、初めてしりました。

パチスロ北斗の拳 修羅の国篇  のヒョウって、何者?調べてみました 動画

スロット解析情報をチェック

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • rss

ページトップ